2019年07月16日

渡辺知明表現よみ=梶井基次郎「交尾その2」

 2019年6月2日(日)第35回渡辺知明表現よみ独演会での録音である。最初に読んだkのは、2007年6月3日(日)第11回の独演会である。そのときから12年ぶりの読みになる。
 散文詩である梶井基次郎の作品のことばのリズムや感情がどこまで表現されているだろうか。
posted by 渡辺知明 at 09:25| Comment(0) | 梶井基次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする