この記事へのコメント
 聴いてまして、思わずうなってしまいました。ご指導がすごく的確ですね。「それ、読んでる」というのが印象的でした。受講生の方が、真っ直ぐな声なので(良い意味で)渡辺さんがテープの音声に話し掛けているようにも思えました。
 どんな文章でも同じように読んでしまう、いわゆる「音読癖」のついてしまった人に対して、朗読の領域かはたまたそれ以上の表現性を持った「表現よみ」にまで高めていこうとするご指導に感動しました。いい刺激になりました。感謝致します。
Posted by 難波鷹史 at 2005年12月21日 15:49
難波鷹史さん、コメントありがとうございます。マンツーマンを基本とする教室です。日本の芸ごとの方法に近いかも知れません。丸カッコとか内言というのは「記号づけ」による作品の分析の手がかりについての指摘です。「裸川」も作品のタイプがちがうので、別の指導をしています。反応しだいによって今後の公開を考えますので、またいろいろご指摘ください。
Posted by 渡辺知明 at 2005年12月22日 09:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック