2008年11月03日

枕草子より「春はあけぼの」

◎清少納言の書いた「枕草子」ですが、朗読ではなく、表現よみで読んでいます。第一が原文の読みです。第二が現代語訳の読みです。第三が、原文と現代語訳を交互に読んでいます。それぞれのよみを比較しながらお聞きになってください。現代訳は角川文庫のビギナーズシリーズを使用しました。(下記参照)

 春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

 夏は夜。月のころはさらなり、やみもなほ。蛍の多く飛びちがひたる、また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも をかし。雨など降るも をかし。

 秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、からすの寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて、雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

 冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。(第一段)

表現よみ:渡辺知明
●原文

●現代語訳 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

●原文と現代語訳

枕草子 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
枕草子 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)角川書店

おすすめ平均
stars珠玉の随筆集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 渡辺知明 at 19:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本の古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然失礼いたします。私たちは中国語の勉強のためのブログを作っています。実はこちらの枕草子の朗読が素晴らしいので無断で一部利用させていただきました。もしご都合が悪ければお知らせください。事前にご了解を得なければいけないところ申し訳ございません。また、もしお差し支えないのであればこちらのブログでもお名前をご紹介させていただいた上、継続して使用させていただきたいのですが、いかがでしょうか?厚かましいお願いで重ね重ね申し訳ございません。
Posted by team AOI at 2009年12月24日 01:22
team AOI さん、問い合わせありがとうございます。有用な目的のためにはご遠慮なくご利用ください。なお、リンクサイトについてもお知らせください。こちらからもリンクしたいと思います。
Posted by 渡辺知明 at 2009年12月24日 08:48
奥の細道 44 大垣 の段 貴重な御朗読 拝聴
 蛇足ながら下記1点 ご再考下されば幸いに存じ増す。

馬を飛ばせ の部分   ふねをとばせ と聞こえますが
馬を飛ばせ がむしろ通例かと存じます.
                早々

Posted by 南部昌生 at 2010年09月04日 21:48
南部昌生さま、お知らせありがとうございます。たしかに、わたしの録音の間違いです。今後の録音に際しては、訂正して読みますので、また、間違いがありましたらお知らせください。
Posted by 渡辺知明 at 2010年09月04日 23:16
奥の穂道 31 象潟 の貴重な朗読拝聴
 下記 1点 宜しく

闇中に莫作し の部分  ばくさ と聞こえます.確かに漢字は ばくさ.少数派ながら西村 晃氏なども ばくさ
多数派の朗読,ルビ付きテキストなどは 
あんちゅうにもさく.

芭蕉以前の漢詩に 暗中模索識西湖 
Posted by 南部昌生 at 2010年09月05日 14:33
奥の細道 33 親不知  拝聴
犬(いぬ)もどり駒返し の部分      おおもどり と聞こえますが
通例 朗読,テキストでは   いぬもどり
   宜しく

  
Posted by 南部昌生 at 2010年09月05日 15:52
ご多忙の陣中 お見舞い申し上げます
下記 宜しく

奥の細道 18 多賀城の段
四維国界 しゆいこくほ  と聞こえますが
通例では  しゆいこっかい

  
Posted by 南部昌生 at 2010年09月06日 10:54
和歌や古典文学に隠された諷喩【寓意】
●【諷喩(ふうゆ)】の存在証明……【 諷喩】を用いた歌を「諷歌(そえうた・ふうか)」と言う。

『日本書紀』の神武天皇条元年に、「初めて天皇が国政をはじめられる日に、
大伴氏の先祖の道臣命が、大来目部を率いて密命を受け、よく諷歌(そえうた・他のことになぞらえてさとす歌)、
倒語(さかしまごと・相手に分らせず味方にだけ通じるよう定めていう言葉)をもって、わざわいを払いのぞいた。
倒語の用いられるのはここに始まった」
 『日本書紀』上 全現代語訳 宇治谷孟(つとむ) 講談社学術文庫より引用。

これにより、同時代の『記、紀、万葉』に「諷喩の、存在証明」が与えられる。

「表意」=【裏意(真意)】
「春夏秋冬(四季)」=【四つの王統】
「春はあけぼの」=【天智系大伴氏隼人(春)は日の出の勢い】
「夏は夜」=【物部系(夏)は滅亡間近】
「秋は夕暮」=【蘇我大王家(秋)の勢いは日の入りに】
「冬はつとめて(早朝)」=【藤原系(冬)は新参者】
「白き灰がちになりぬるはわろし」=【(藤原氏が)斯廬(新羅の古名)き灰(ハイト・隼人)寄りになるのは良くない事だ!】

春【天智系(春)弘文朝】過ぎて夏【物部系天武朝】来たるらし白妙【斯廬(しろ・新羅の古名)絶え】の衣干したり【「干す」は、「可汗(王)」、「乾す」なら、乾坤一擲の「乾(天)」】天の香来山【高(句)麗王・淵蓋蘇文(大海人皇子・天武)】

石走る【石川・波子人(ペルシャ人)】垂水【蘇我大王家】の上の早蕨【隼人・突厥(トルコ人)】の萌え出づる春【天智系(春)の世】になりにけるかも 志貴皇子
Posted by 銀河秋彩 at 2010年10月25日 19:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック