2013年04月12日

声でよむ名作本(13)尾崎翠「第七官界彷徨」

尾崎翠「第七官界彷徨」『尾崎翠ちくま日本文学全集20』(1991筑摩書房)
昭和初期に書かれためずらしい感性とユーモアの作品
注:ジョウシシュウ→娘子衆、ビハツリョウ→美髪料
14分56秒
ご案内と表現よみ:渡辺知明

尾崎翠
尾崎翠尾崎 翠

おすすめ平均
starsうむむ。
stars追憶の溜息
stars懶い日曜日

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 渡辺知明 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 声でよむ名作本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

尾崎翠集成(上) 中野翠編
Excerpt: 尾崎翠集成〈上〉 ■やぎっちょ評価コメント この本はコンパス・ローズの雪芽さんに紹介してもらいました。 紹介してもらったときに「女心」がキーポイントだと教えてもらいましたが・・・。うむ。うむ..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-05-11 05:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。