2013年11月02日

渡辺知明の表現よみ/宮沢賢治「カイロ団長」前半

2013年11月1日(金)川崎多摩朗読の会の発表会で読みました。
宮沢賢治「カイロ団長」は現代の派遣労働について描いた作品です。
どうして、あまがえるたちが派遣労働者になってしまったのか。
前半はそのいきさつについて書かれた部分です。
表現よみ:渡辺知明(12分39秒)
posted by 渡辺知明 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。