2018年02月27日

渡辺知明の表現よみ=森鴎外「大発見」

「僕も自然研究者の端くれとして、顕微鏡や試験管をいじって、何ものかを発見しようとしていたことがあった。」
 こんな作品を森鴎外が書いたというと驚く人が多いだろう。西洋人は鼻クソをほじくるかどうかということについて研究した学者の話である。
posted by 渡辺知明 at 16:23| Comment(0) | 森 鴎外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。