2018年03月30日

渡辺知明の表現よみ=梶井基次郎「冬の蝿」(前編・後編)

「冬の蠅とは何か?/よぼよぼと歩いている蠅。指を近づけても逃げない蠅。そして飛べないのかと思っているとやはり飛ぶ蠅。」
               *
「1冬が来て私は日光浴をやりはじめた。溪間の温泉宿なので日が翳り易い。溪の風景は朝遅くまでは日影のなかに澄んでいる。」
前編(2010年3月7日(日)第17回渡辺知明表現よみ独演会録音)
「2 その日はよく晴れた温かい日であった。午後私は村の郵便局へ手紙を出しに行った。私は疲れていた。」
後編(2010年9月5日(日)第18回渡辺知明表現よみ独演会録音)
posted by 渡辺知明 at 12:13| Comment(0) | 梶井基次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。