2007年09月11日

声でよむ名作本(28)辻原登『円朝芝居噺 夫婦幽霊』

声でよむ名作本(28)辻原登『円朝芝居噺 夫婦幽霊』
(2006講談社)
16分40秒
ご案内と表現よみ:渡辺知明

円朝芝居噺 夫婦幽霊
円朝芝居噺 夫婦幽霊辻原 登 菊地 信義

おすすめ平均
stars湘南ダディは読みました。
stars円朝作としては、物足りない・・・。
stars非常に上手い構成の洒落た作品
stars落語を聞く楽しみがひとつ増えたかも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 渡辺知明 at 23:32| Comment(1) | TrackBack(1) | 声でよむ名作本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBさせていただきまいした。

速記についても勉強になるし、いろいろと読みどころのある本でした。
Posted by タウム at 2007年10月25日 14:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54940388
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

幻の落語原稿  辻原 登著 「円朝芝居噺 夫婦幽霊」
Excerpt: 「円朝芝居噺 夫婦幽霊」 三遊亭円朝。 落語界では、伝説の名人なんでしょうね。 著者の並々ならぬ円朝に対する情熱が伝わってくる本でした。 円朝芝居噺 夫婦幽霊辻原 登....
Weblog: 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々
Tracked: 2007-10-25 14:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。