この記事へのコメント
長いです!(仕方が無いけど)
Posted by 亜衣 at 2005年11月02日 16:24
亜衣さん、ご意見ありがとうございます。
なるほどと思いました。10分前後のファイルも
これあらアップすることにします。
Posted by 渡辺知明 at 2005年11月02日 17:42
素晴らしい朗読です。
mp3プレーヤーに入れて、散歩しながら、幾度も聞いています。くりかえし聴いても鑑賞にたえる点がすごいです。賢治もすごいのでしょうが。
たとえば、はじめのところの「ああ、くたびれた、運搬はひどいやな!」など、ネコの発語がいいです。聞いている方が嬉しくなります。
どうぞ、今後も、ご活躍ください。
Posted by kib at 2007年05月20日 18:40
 kibさん、うれしいコメントありがとうございます。
 わたしのよみは「表現よみ」と自称しております。朗読というものは、作品とよみ手との双方の表現であると思っています。そして、だれもが黙読においても、表現者であると思います。わたしの作業は、それを現実の声にしてみるという試みです。
 あちこちに、さまざまな録音を公開しておりますので、また、お聴きの感想などいただけたらありがたいです。
Posted by 渡辺知明 at 2007年05月20日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」を読む
Excerpt:  セロ(cello チェロ)を轢く腕のない少年が、町外れの水車小屋の自宅に夜毎現
Weblog: 幸田回生
Tracked: 2005-10-26 16:45