2005年10月20日

梶井基次郎でみる朗読よみと表現よみ

 表現よみと朗読はどうちがうのですか?とよく聞かれます。
 今ではわたしは表現よみをしていますが、数年前には朗読に
近いよみをしていました。古い練習の録音を聞いていたら、
比較にいいものが出てきましたので、二つを紹介しましょう。

 「筧の話」は2004年のもので「路上」は1999年のものです。
この5年間にわたしのよみがどのように変化したかよくわかるし、
初歩の朗読と表現よみとのちがいについてもお分かりになること
でしょう。二つを聞き比べて、ご意見・ご感想などいただけれぱ
幸いです。

 筧の話(6分40秒)表現よみ:渡辺知明
 
 練習よみ・路上(4分3秒)

 
posted by 渡辺知明 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 梶井基次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。